平成29年度 第5回 阿品台地区自主防災訓練

平成29年12月3日(日)8:15~11:30 阿品台東小学校体育館で実施されました。例年より遅い時期の開催だった事も有り、寒かったのですが、快晴に恵まれ無事開催されました。
参加人数は、来賓・消防士・関係者含め約350名です。
(1)避難訓練として、8:15 防災放送と同時に町内の集会所に集まり、阿品台東小学校の体育館へ避難する。

体育館内で①人工呼吸蘇生体験、②ロープの結び方、③煙体験・消火訓練、④実災害DVD視聴体験と⑤炊き出し訓練が行われました。これは、人工呼吸蘇生体験の様子です。

下の写真は、廿日市消防署の隊員の指導によるロープの結び方です。参加者は真剣にならっていました。

煙体験では、テントに充満した煙の中をくぐり抜ける体験をしました。これは、思ったより多くの煙で一時体育館の中が見えなくなるほどで、煙の怖さが分かるような体験でした。

消火訓練は、プロパンガスの訓練用の機器を使って、実際の火を使った訓練でしたので実感あふれる消火訓練でした。

実災害DVD視聴体験では、阿品台も他人ごとでは無い事が説明されて、皆真剣に見ていました。

最後に炊き出し訓練を行いました。温かいトン汁は近年に無い寒空の中で実施された訓練の中で最高の味でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました