救急救命講習会開催

阿品台コミュニティ青少年・体育部主催による救急救命講習会が10月28日(日曜日)の9時00分から阿品台市民センターでスタッフを含め総勢約30名の参加者で開催されました。
講師は廿日市西消防署の坂上さん、大森さんのお2人。
救命処置の流れとして、救急車が来るまでの間の初動手当ての重要性から心肺蘇生の方法とAEDの使用手順を、人形を使って体験しました。

私たちは、何時、何処で、突然の事故等による怪我や病気に遭遇するかもしれません。遭遇した時応急手当が出来れば怪我や病気の重篤化を防いだり、軽減する事もできます。
日頃から救急救命処置に対して関心を持ち理解するように心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました