避難・防災訓練

11月4日午前8時15「分避難・防災訓練の放送」と共に各町内毎に避難・防災訓練が開始されました。そして、町内毎に集まって、阿品台東小学校へと集合しました。

東小学校の講堂で行われた訓練の中身は、人工呼吸・AEDによる蘇生体験があり、参加者が代わるがわる体験しました。

次の訓練は、煙体験と消火訓練です。煙体験では、真っ白な煙の中を避難する訓練がありました。その後、消火訓練を行いましたが、実際にやって見ると中々難しい事を実感する訓練でした。

今年の新しい試みとして、グループ討論が実施されました。先ず、避難に付いてのグループ討論では阿品台の地理的条件の説明の後、グループ討論が行われました。

もう一つのグループ討論としては、地震対策について防災グッズなどを含め、日頃から考えておくべき事を討論しました。

最後は、炊き出し訓練で温かい豚汁を参加者全員で頂きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました