阿品公園 熊騒動解除

熊出没に関するお知らせ
 先月阿品台ニュータウン内で熊の出没、その影響で阿品公園が閉鎖になっておりましたのは皆さんも防災放送や公園入口の封鎖ロープ等またテレビのニュースや新聞紙上でご存じの事と思います。
阿品台地区におけるツキノワグマに関する緊急情報会議が廿日市市農林水産課・危機管理課・地域政策課、阿品台地域の学校関係者、警察署、町内会代表、地域安全協議会メンバー等約40名で6月16日(金)19:00~20:00から阿品台市民センターで開催されました。

会議の席上廿日市市からの報告内容は以下の通りです。
(1) 5月27日から6月10日までに12回の熊の目撃情報が寄せられた。その間、周辺パトロール関係機関への情報提供、防災無線による注意喚起、
箱わな、やセンサーカメラの設置、それと阿品公園への立ち入り禁止措置も行った。
(2) 6月13日(火)には専門家による阿品公園内の現地調査も行った。
その結果、
① 阿品公園には餌になるようなものがない。
② 熊の足跡やフン・爪跡の痕跡がない。
③ 熊の好む蜂蜜を置いたが食べた形跡もなく。
④ センサーカメラにも映っていなかった。
以上の状況から判断して阿品公園内にはツキノワグマはいないと決断、6月16日(金)11:00に阿品公園の立入禁止を解除した。

(3) しかし、阿品台北配水池付近での箱なわ、による捕獲及び県立廿日市特別支援学校付近でのセンサーカメラでの監視は継続して実施中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました